風は秋、されど炎暑。9月の勝手連

画像

「いつも今頃咲いたかな」と頭をかしげるのだが、ブーゲンビリアが真っ盛りだ…
沖縄では夏の暑い盛りを避けて咲くような気がしていたのだが…
ま、気象予報士でも異常気象とのたまう今夏だ。花には花の都合もあるのだろう。

8月の異常な暑さと晴天を引きずっていた9月だが、17日の勝手連到着を迎えるように前日は大雨。
8日の熱低襲来の時と今回の2回の大雨が干天の慈雨となってくれた。

毎年水対策では失敗を続ける亭主だが、今年もやはり打つ手が遅れた。
どうも亭主は施肥と水やりについては鈍感過ぎるきらいがある。
7月が比較的雨に恵まれていたことと8月が摘み取り作業と来訪者対応に追われていたことで、手を抜いたのだ。8月半ばには貯水槽の水を使い果たしたのに落合川から水をくみ上げる仕組みを完成させたのは24日。
ラビットアイはともかく、ハイブッシュが良く持ちこたえてくれたと思う。
<落合川もさすがに流れが浅かった。>
画像

<斜面に茂る雑草を切り払いポンプを設置>
画像

昨年まで使っていた口径1インチのポンプでは揚水力が弱く、燃料もすぐなくなる。
やむなく今年に入って口径2インチのポンプを手に入れた。
さすがに馬力は強く必要な水量を短時間で満たしてくれる。
やっとこれからは水不足の心配から解き放たれそうだと思えるようになった。
画像


人が自然を相手に生きようとするとき、河の側の土地を手に入れることがいかに大事か身に沁みてわかった。
いすみのブルーベリー仲間のなかでも農園の側に大きな川のあるメンバーはほとんどいない。
皆汲み上げポンプか水道といった人工的な工作物を介在させている。
そして今年の水不足に多くのベテランたちが樹を枯らしている。
父の思慮深さに改めて頭の下がる思いだ。

閑話休題
今月の勝手連は大忙しだった。
雨上がりの蒸し々々と熱い昼下がり、先ずはもみ殻運びから始まった。
画像

今年は運良くとなりの高師さんの畑からもみ殻がもらえることになった。
これまでは毎年少なくとも片道3キロはあった農家から運んでいたのだが、まさに裏の農園の横から運びこむだけだから作業時間は大幅に短縮された。
もちろん「詰め込んだり」「積み上げたり」「ちょこっと運ぶ」の作業は変わりないから、労力は近くても同じだ。
<詰め込み>
袋にもみ殻を詰めるのに大きな漏斗のついた道具は助かった。さすが長年の経験から出た道具だ。
画像

もみ殻集めもだんだん度胸が付いてくるとこんな座り込み方になる…?
画像

<運搬>
わずか15m程度の距離の運搬だ。田んぼの中だが気分は軽い。これまでは白竜で15分はかかってたのだから…。
画像

ただ、高師さんの田んぼと亭主の農園の段差1mの積み下ろしは袋の数が多くなると結構くたびれる。しかもまだまだ暑いのだ…
画像

それでも夕方までに何とか20袋以上のもみ殻を運び終えた。
これで農園の蒸散防御のマルチには十分用が足りる。
画像

<さすがに疲れ気味・・・>
画像

<と思ったら、柿が色づいてた…>
画像

<団欒>
最近は見たいTV番組のない日の夕餉はもっぱら食堂になった。
この方が皆の顔が近いせいか話も弾む。(後片付けにも便利だ…)
それだけに酒の量も居間よりは増えるような気もする。悪い話じゃないが…
画像


二日目は今回のメイン作業。防鳥ネットの撤収だ。
これはまる一日でも終わらないほど延々と続く、しかも気疲れと首疲れがこたえる作業だ。
<先ずはネットを止めているアンカー線の取り外しから…>
周囲200mのネットが外周ワイヤーに細い電線でらせん状に取り付けてあるのをネットを破らないように丁寧にほどいていく。何とも気骨の折れる単調な作業だ。一人でやってたら気が狂いそうになる。
画像

新しく買ったカメラの望遠で50m先を撮ったら葉っぱにピントが合ってた…
画像

なにせ草臥れる。暑い。首がおかしくなる。テラスデッキに座るのが楽しみだ。
時折デッキを吹き抜ける風はもう十分に秋を感じさせる。
画像

この人は柿がお気に入りのようだ。
画像

そしてこの人は10月から大幅値上げのたばこがやめられない。年金生活者なのに…
画像


いよいよネットを真ん中に集め寄せる作業。ネットは軽いのだがなにせ広い。
真ん中に手繰り寄せ、3m上のセンターワイヤーに撒きつけるのだが、洗濯物を干すのとはわけが違う。
これも首にくる。
画像

画像

画像

大分まとまってきた。
画像

新しいカメラは広角の能力も高い。しかし見事に長い…
画像


<ネットカバーを捲く>
最終段階に来た。ブルーシートでネットを覆う。これで来年5月まで保護するのだ。
ウッチャンの見上げる姿を見ても首がおかしくなるのがよくわかる。
画像

この作業は3人がかりでもこの日で終わらせることはできず、3日目までかかった。
毎年の作業としては最も大掛かりなものといえる。勝手連なかりせば…

この間亭主は一人草刈り。
画像

今年の夏は何回草刈りをしたか…少なくとも5月から月に一度は草刈りを余儀なくされた。
それでもまだ例年より草の勢いが強いような気がする。
画像

しかも間の悪いことに10月半ばにはブルーベリー振興会の秋の研修でわが農園が視察の対象になってしまった。
亭主は9月の末から久しぶりの長期旅行を計画しており2週間ほどいすみを離れる。
どうやっても今草刈りをしておかないと視察の際に草茫々の農園を見られてしまうことになる。
何が何でもという覚悟と焦りでネット外しはまかせっきり。新しく手に入れた草刈り機の試用も合わせて雑草と格闘の3日間だった。
9月の勝手連が終わった。
全員首と腰に痛みを残したままの帰京となった。
ごめんなさい。そしてありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

柴まみママ
2010年10月05日 09:50
この秋ブルーベリーの苗木を植える予定です^^。
振興会にも入れていただくことになりました。
そんなわけで、またまた14日に伺います。
よろしくお願いします。
いすみの青苺 亭主
2010年10月08日 15:28
柴まみママさん
コメントありがとうございました。
9月30日からいすみを離れ旅行に出かけて、今帰ってきました。
お返事が遅れて失礼しました。
振興会に入会いただいた由、大歓迎であります。
また楽しみが増えました、
そしていつの日か貴宅のブルーベリーを拝見できる機会も訪れることと今から楽しみにしています。
それではまた14日に…
柴まみママ
2010年10月14日 23:58
今日はまたまた有難うございました^^。
心強い優しい先輩達にいろいろ教えていただき、
我が家のブルーベリー農園への夢も現実のものになりつつあります。
早く皆さんをお迎えできるようになりたいです!
これからもよろしくお願いいたします。
いすみの青苺 亭主
2010年10月15日 02:35
柴まみママさん
お疲れ様でした。
汚いまんまのテラスで済みませんでした。
やはり会員ほ場会視察は楽しいですね。
今回は私も初めての農園ばかりを見学させていただけたので明渠の効果や他のベリーまた害虫などとても参考になりました。
これからもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック