ママさんの青春 7月の来訪者②

画像

7月のブログへの最大のクレームは本当はこれなのだ。
「まだできないの ! なぜ!! 早くやって!! 」とママさんからのきついお達し。
その一方で、
「ブルーベリー採れてる?」、「ジャムは作ったの? 」、「早く起きないからよ! 遊んでないで早く寝なさいよ。」
あたしゃいっ寝りゃいいのか…

7月13日にお湿り程度の雨が降って以来いすみの空はピーカンである。
いよいよ例年の渇水状態に入るなと覚悟し始めた17日。
別のピーカンな(? 輝いてるという意味…)お客様の来訪となった。
今年一番の華やかな来訪者となるはずだ。

かってママさんがまだハタチとのたまわれていた頃、名古屋の名門銀行にお勤めになられていた。
亭主はまだ先のブログの山家君たちと学生生活を謳歌していたころだ。
もうウン十年も昔の話だが…

そんな時代のママさんが本当にお世話になったと慕う先輩石原さんと一番仲が良かったらしい同僚の今枝さんが、わが農園のブルーベリーを摘みにこの辺境の地までご来臨遊ばされるという。
話を聞いて一瞬少々ひるんだ(女性が3人集まって亭主が褒められる話は聞いたことがない。)が、亭主も知らぬ仲ではなし、楽しみにお待ちしていた。

今枝さんは名古屋から、石原さんは三鷹からで二人は当日東京駅で会い、外房線の特急で大原に着くと聞いた。
大丈夫かなと思ったが、口をはさむのは慎んだ。
やはり女性の旅行予定の決め方は興味深い。
男の常識をはるかに超えている。ようは無茶苦茶なのだ。
だから絶対に傍で聞かない方がいい。後で結果を聞いた方が男にとっては無難なのだ。
傍にいたら必ず男の所為にされる。

案の定、アラカンを疾うに越し(最初の変換で『阿羅漢を糖に枯死』とでた。なんとなくこのままでもいいかと思った。)
た元お嬢様たちが、八重洲から外房線のホームまでの1㎞弱、真夏の地下道を、駅員のあきれ顔を後に、重い荷物を担ぎ、どんな形相で駆け抜けたか…。
しかし「わかしお」(ママさんは「あさしお」とおっしゃる。相撲取りじゃないんだから…)はちょっとの差で出てしまってたみたい。
外房線のホームでゼイゼイ言ってる二人の姿が目に浮かぶ…
それでも30分の遅れだけで上総一ノ宮にご到着になったのは偉かった。
意外と危機対応ができてると思った。

あった途端に「キャー」から始まり、お三方は一瞬にしてOL時代に戻られた。
亭主は運転手に徹する…
拙宅に戻る途中亭主のブルーベリーを出してる直売所「満天」に立ち寄った。
どんな売り方をしてるか見せたかったのもあるが、田舎の野菜が新鮮で安いことも見てもらいたかったのだ。
<商品に感心してるみたいな今枝さん>
ピンボケでごめん。最近カメラの反応が鈍いんだ…
画像

<店ごと買いたそうな石原さん>
都会と比較するのは無理があるが、確かに安くて新しい。
画像

<ママさんと今枝さん>
暗いのになぜ二人ともサングラス…
画像

<スーパーランドの陳列>
こちらは立ち寄らなかったが、亭主のブルーベリーはスイカとぶどうの間にこんな形で陳列されている。参考まで…
画像


で、始まった。
楽しみにされてたとおっしゃるブルーベリー摘み。
しかし天気は良すぎた。
紫外線たっぷり。
しかも防風網の中。
風は入ってこない。
「まるでサウナ」とは今枝女史の弁。
画像

それでも1時間ほどは摘んだか。よく炎天下で頑張られた。
画像

画像

ブルーベリーの色づきが良い。
画像


夕餉が近くなっていつものように大原の肴屋さんに刺し身を頼んだ。
「マイド! 今日は何人?」いつものパターン。
「女性3人。5千円ぐらいでどう? 」
「・・・」魚屋の旦那一瞬絶句。亭主が気が狂ったと思ったのか…
いつもは「男4人。2千円でやって…」がパターン。
いまごろだと中身はいつもイカとアジとカツオ。でもここではこれが良いのだ。しかも量も多い。
今回はさすがに豪華だった。
イカもアジもカツオもあったが、鯛、サワラのほかにサザエやアワビもたっぷり…
きっと新鮮な魚を楽しみながら、想いで話に花が咲いたことだろう。

運良くというか残念というか、この日の夕方は亭主が参加しているブルーベリー振興会の役員会。
会計を担当する亭主も呼ばれていて夕食は女性3人だけ。
一応残念がっては下さったが、やはり女性だけに越したことはない。
かえって良かったと思っている。

都会派の女性2人。
本格的なチョー田舎の食と遊びを本当に満喫されたようだ。
昔からの友人が素直にリラックスされてる姿を見るのはそばにいて気持ちが良い。
ちょっとはママさん孝行できたかな…

つぎの朝、いよいよいすみを離れるにあたって記念写真となったのだが、石原さんが家の屋根を全部入れて写真を撮るようにとおっしゃる。
よほどこの農家の姿がお気に召したらしい。良かった。良かった。
画像

ついでに石原さんが亭主の写真を撮っていてくださったのだが、女性相手なので、いつものだらだらの格好ではなく珍しくよそ行きの格好をしてた。
貴重なのでこれも記録に…亭主もちょっと気に入ってるのだ。
画像


ぜひまたかってのOL時代の方々とご一緒にご来臨あれ。
亭主は女房の角を取るため精いっぱい努力します。

ほら、やっぱりブログに入ると夜は更けるよ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

柴まみママ
2010年07月31日 07:05
おはようございます。
昨日、夫と共に参加させていただきました^^。
貴重な体験談をお聞きしたり、実践していらっしゃる農園を見せていただいたり有意義なごごをすごさせていただきました。
ありがとうございました。
ジャムの作り方などもっと詳しくお聞きしたかったです。
またよろしくお願いいたします。
いすみの青苺亭主
2010年07月31日 21:21
柴まみママさん
コメントありがとうございました。
昨日は私も楽しい時間を過ごせて幸せでした。
場をつくり続けてるとこんなチャンスも訪れるのだと改めて意欲が湧きました。
あの後すぐ杉並に帰り、今日家内と愛犬を連れていすみに戻ってきました。
そんなことでお礼が遅くなり失礼しました。
こんな勝手気ままな農園ですが、お気に召しましたらいつでもお立ち寄りください。
なお、ジャムのことですが、このブログの2007年8月6日の記事で振興会のジャム作りについて少し記述しています。私もそれをベースにしていますので参考になすってください。
特に変わったことをしているわけではありませんが、私の場合はブルーベリー3に対して砂糖1の比率でやっています。
長くなりました。一旦筆を置きます。
酷暑の折ご自愛ください。
セっチャンの父ちゃん
2010年08月05日 23:10
8月の来訪者よろしくお願いします
この屋根はもしかして元は茅葺?形を継承してるのでしょうか。千木とか鰹木とか似合いそうです。個人的には萱の上に雑草とかが好みです。
「エアコンあったかなー」とか暑さにも弱い嫁に「とりあえず廻りに室外機は無い」と慰めてます。
野菜を煮て持ってくとか云ってるのを「そりゃやめとけ、先方で腕でも披露しなさい」とたしなめてます。
そーゆー訳で今回もよろしくお願いいたします。
いすみの青苺亭主
2010年08月05日 23:34
セッチャンの父ちゃんさん
お久しぶりです。
セッチャンの再来訪が決まりましたようで万歳です。楽しみにお待ちしています。
屋根はトタンの下が今も茅葺です。もう残骸のようにはなっていますが…
来訪者のために木鐸でもぶら下げようかと思っています。
外観はレトロですが、中は結構今風になっています。
残念ながらエアコンは北欧犬ビッテの寝室、(人間にとっては居間)とブルーベリーの選別室には設置され目的的に利用されていますが、セッチャンの寝室には用意もされていません。
亭主の寝室のエアコンもエアコン嫌いなママさんのおかげで本年も一度も作動していません。
それでも何とかやってけます。
セッチャン多分黒焦げになっての帰京となるでしょう。
お楽しみに…

この記事へのトラックバック