7月15日のブルーベリー

連日のうだるような暑さ。
天気予報では相変わらず「雨が降る。雨が降る。」と言ってくれるんだが、さっぱりだ。
満タンだった貯水槽の水も心なしか減り加減。そりゃそうだ、「雨が降る。」って言ってくれるもんだから、結構信じてたっぷり使ってたのだ…。

デューク(ハイブッシュ)の感動の初収穫から丸一カ月が過ぎた。やはりラビットアイとの熟成の差は大きい。
われらが農園で最も成熟が早いと思われるラビットアイは、今までの観察ではなぜか極晩生種のデライトみたいだ。それでもまだ実には赤みが差してきただけ。この分じゃ今月には無理かなって感じ…。
≪7/14 デライト≫
画像



まずはテラスの状況
①ラビットアイテラス
画像

画像

1枚目は東に向かって、2枚目は北側から居宅の方に向いて撮ったものだが、皆元気がいい。
だいぶん農園らしくなってきた。
下の2年前の9月の写真からここまで来たんだから苗も随分頑張ってくれたわけだ。
画像


それでもまだ植わっていない穴が40ほどある。この冬前には全部植え付けて計画完了となるはずだ。
画像


②ハイブッシュテラス
≪北東側から西に向かって≫
画像

≪北側から南東に向かって≫
画像

一見してわかるようにラビットアイから比べると1年遅れ(実際にはそれ以上か…)になっている。
初年度の育て方のミスで半分枯れさせてしまったため(確かにハイブッシュの方が育てにくい。と弁解して…)、一年遅れで新たな苗を植え付けたものもあるが、明らかにラビットより成長が遅い。
特に露地植えではその差が極端に出るようだ。
≪デュークの列 農園の主流となる種≫
画像

≪エチョータの列 密かに期待を抱いてる種≫
画像

いずれにしてもゆっくりしかし確実に育ててみる。ここもこの冬前には完成させる。

次は苗の育成状況
③今春挿した1年生苗
2600本を超える挿し木をしてしまった今年の苗は、昨年の大失敗とは打って変わって、怖いぐらいに順調に育ってきている。これからの作業量を考えると心底恐怖だ。育成の様子を見たくなくなってる。
しかし水耕栽培が功を奏して、見てないのに勝手に育ってる。
昨年は梅雨の時に水やりをさぼり、今頃はその大半が枯死していた。
打つ手もなく枯れていくのを見てるしかなかったあのときの気持ちはもう二度と経験したくない。
画像


≪メデット ラビットアイ≫
この箱にたぶん50本以上挿してると思う。(怖くてまだ数える気がしない。)
そして芽の出なかったのは多分5本程度だ。昨年の今ごろは、ここに14,5本しか生き残ってなかった。
画像

≪フロリダ ハイブッシュ≫
あろうことか、モッチャンがフロリダの箱を4つも作ってしまった。(本人曰く「そこに苗があったから…」) 
一箱80本ぐらい挿してるのもあるから…嗚呼、計算するのが嫌だ!!
全部育っちゃったらどうするんだ…行商でもするか。でも、味は良さそうだと思う…。
画像


④昨年挿した2年生苗と一昨年の3年生苗(四十七士}
≪ラビットアイ≫
画像

画像

見てのとおり、夏の強い日差しの中で輝いてる。すごく元気だ。クンクン臭い(全く無い。)を嗅いでエネルギーをもらってる。

元気な苗(先に育った苗の陰に隠れてしまい、いまだ小さなままのものもあった。)だけの数で123本。
第4次計画(河川工事で新たに増えた土地を第3のテラスにする計画)分を満たす量は確保できた。

≪ハイブッシュ≫
こちらもラビットアイ同様元気なもんだ。そんなレベルじゃなく、今風にいえば「チョー元気!」ってところか。
  <デューク>
6月15日に初収穫した樹だ。前述のとおりハイブッシュテラスの主役を務めさせようと思ってる種でもある。
現存(人気種なので近隣の人にあげたりして少し減った。)40本あった。
すでに10本植えられているので今冬には50本となり、ハイブッシュテラスの三分の一を占める大群となる。
画像

     <トロ>
業界の人気種で、スタート時に勢い込んで苗10本を大関ナーセリーから購入し、次の年の夏に全滅させた樹だ。
幸い購入直後に軽く剪定しており、剪定枝を挿していたものが7本も残ってくれていた。いわゆる四十七士(初めての挿し木で育った苗の総数から付けた愛称。ラビットアイはすでに地植えになっている。)の仲間だ。
今回7号のソフトポットに植え替えた。育ち具合で一部をポットのままにしようかとも思っている。
ハイブッシュはポットの方が育てやすいらしい。
画像

  <アーリー>
これもトロ同様、暑さに弱かった。地植えでの育成はいすみ向きではないのかもしれない。現在2本地植えしているので、その様子を見ながら次を考える。
画像


こちらの苗数は67本。数々の失敗がたたりテラスを埋め尽くすには20本ばかり不足する。
今年の苗の育つのを待つか、新たに購入するか悩ましいところだ。しかし亭主もいい年だ。時間を買うか、遊びの本分を貫くか、ホモルーデンスの悩みどころだ…。
南部ハイブッシュを購入して楽しみを広げる方法もある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック