春一番(野の花シリーズ)

今年最初の春の花。
いすみに移って、年追うごとに春を待つ気持ちが強くなる。
2月は毎日花を探して農園を巡視していた。フキノトウや狂い咲きのタンポポは別として26日の春の嵐の日(またまた倉庫の屋根がぶっ飛んだ。)やっとブルーの小さな花を見つけた。
今年の農園に咲いた一番早い花だ。あれよあれよと思ううちに農園中に広がった。
あわててインターネットで調べたら「オオイヌノフグリ」という名前らしい。
なんともその愛らしさに比べて可哀そうな名前だ。
どう見ても犬のキンタマには見えない!
!誰が名前を付けたのか!!トンデモナイやつだ!!
いよいよ今年もまたかわいい小花の群れが咲き始める。
春だ!! 
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ha-na
2008年04月11日 18:47
はじめまして(^^)
この花の実が犬のタマタマちゃんに似てるそうです。
それにしても可愛そうですよね。
いすみの青苺 亭主
2008年04月12日 23:07
コメントありがとうございます。返事が遅くなってごめんなさい。
私も友人から教えてもらったとき、おふざけが過ぎる感じで、名前を付けた人の思考を疑いました。本当に可哀そうです。
その後いすみの田舎は菜の花や木蓮から始まり今百花繚乱です。
忙しく、楽しい季節が始まりました。