「いよいよ定植」の前準備などへ

11月も半ばを過ぎ仮圃場のラビットアイも赤く紅葉してきた。
画像

いよいよ念願の定植の時期が近づいてきたことになる。30日から勝手連が来訪し定植作業にかかる予定なので、その事前準備に入った。
①まず、どの種類をどの穴に植え付けるかを決めて、間違いのないように植えていくために先に各穴に所定の鉢を仮置きしておこうと30鉢ばかり置いてみた。
画像
なんとなく農園の雰囲気を感じることができチョッと感動。
画像

画像

②今年購入した2年生苗および昨年購入した2年生苗の剪定枝の春の挿し木(即ち1年生)と今回の定植に向けて1年間育ててきた昨年の2年生(もう3年生と言ってもいのだろうか)を比べてみた。小ぶりのハイブッシュたちだが、比べるとその差は歴然。がんばってよく育ってくれたものだ・・・
右から1年生のトロ、2年生のスパルタン、3年生のデューク
画像

③ついで昨年の苗を仮植えしてきた圃場が空くので、そこに今年購入した2年生苗を植え付ける準備に入った。昨年はビニールポットで植え付けたが、圃場が湿っていてもポットの中は水枯れを感じるときがあった。これを何とかできないか考えた時、ふと頭に浮かんだのが不織布を使う方法。そういえば台所の生ごみ処理の水きりネットに不織布を使ったのがあったなと思いついたのが多分大ヒット。50シート入りで100円ぐらいだったはずだ。何しろ安い。早速買ってきて4枚重ねて植え込んでみた。当然水のとおりは抜群だし、結構しっかりしている。土中で1年は持つだろうし、来年掘りあげた後の処理も簡単だと思う。テストの結果が楽しみだ。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック